• HOME
  • 水みらい広島とは

設立概要

公民連携で、水の事業を持続可能な形で次世代へ引き継いでいくお手伝いを

「水みらい広島」は、広島県が35%、水・環境の総合事業会社「水ing」が65%を出資した、日本初の民間主体による水道事業運営会社です。
両者の強みを融合させることで、現在我が国全体が抱える「収益の減少」、「設備の老朽化」「技術者の減少と技術力の低下」といった課題を解決し、水事業を持続可能な形で、次世代へ引き継いでいくために貢献していきます。
水のイメージ

 ページトップへ戻る

目指す姿

我が国水道のあるべき姿を広島から

 施設の更新の最適化、業務効率化によるコスト縮減や領域拡大を推進。しかるべき時期には海外水ビジネスにも挑戦して新たな収益の獲得を図ります。広島県と水ingが一体となり、力を合わせることでお互いの狙いを達成し、これからの経営手法の模範となるべく広島で先行モデル事業の実現を目指します。

公民連携の狙い

国内外で成長し続ける水道企業体を目指して

 次世代へ継承できるような新たな経営手法により効率化に努めるとともに、総合的な水技術力とサービスを提供。さらに、公民の強みを融合させ進化することで、国内外で常に成長し続けられる水道企業体となることを目指します。

重要取組方針

今後の方向性


お気軽にお問合せください。
お問合せフォーム
TEL.082-258-1315

〒730-0041 広島県広島市中区小町1-25 タケダ広島ビル2F

アクセス
【電車をご利用の方】
 広島駅から広島電鉄(宇品行き1号線)で15分
 「袋町」電停下車、徒歩5分
【バスをご利用の方】
 「八丁堀」バス停から徒歩10分
 「富士見町」バス停から徒歩1分

設立概要 目指す姿 事業スキーム
  1. 水みらい広島 アクセスマップ
  2. 水みらい広島 会社紹介動画
  3. 採用情報
  4. 水みらいカップ少年野球大会
  5. 水みらい第三者評価委員会〜事業運営評価・成長過程〜
  6. 水ing
  7. 広島県

ページトップへ